FC2ブログ

伊勢神宮 厄払い

ここでは、「伊勢神宮 厄払い」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊勢神宮で、通常の参拝以外にも、厄払い等の御祈祷を考えている方。

御祈祷は年中、午前8時30分から午後4時まで、
参拝者のお申し出により随時執り行われているそうです。
御祈祷をお願いする場合は、内宮・外宮とも事前予約はなく、
それぞれ「神楽殿」へ直接行って、その場で申し込みをします。

事前に準備するものは特になく、服装も自由のようですが、
やはり神前に出るので、
それなりの身支度を整えていくのが礼儀かと思います。

なお、特別参拝(御垣内参拝)を考えていらっしゃるなら、
男性は背広にネクタイ着用、

紳士服 はるやま


女性はジーンズやノースリーブは遠慮し、履物もサンダルは不可です。

着物ビギナーフルセット
◆ 京の絞り染め ◆ 特選染色留袖 ◆ 特選/辻が花 ◆
京の絞り染め

また、所要時間に関してですが、
御饌(みけ)の御祈祷は15分ほど、御神楽(おかぐら)は25~40分ほどで、
それに混んでいる時は待ち時間がプラスされます。

外宮・内宮のどちらが良いのか、御饌と御神楽のいずれにするのかなど、
詳細を知りたい場合は、直接お問い合わせして行くのが
良いと思います(せっかくだから内宮で、という方が多いようですが…)。

外宮神楽殿
 御祭神:豊受大御神(とようけおおみかみ)
 御神徳:衣食住をはじめすべての産業の
    守り神としてあがめられています。
 問い合わせ先
 住所 〒516-0042 三重県伊勢市豊川町279 外宮宮域内
 電話  0596-24-1111(神宮司庁代表)

内宮神楽殿
 御祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 御神徳:皇室の御祖先の神で、日本人の
    総氏神とも言われています。
 問い合わせ先
 住所 〒516-0023三重県伊勢市宇治館町1 内宮宮域内
 電話  0596-24-1111(神宮司庁代表)

御神楽・御祈祷の料金の参考ページはこちらです。

スポンサーサイト

関連タグ : 伊勢神宮, 厄払い, 祈祷,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。